« 謝罪だけが大切なのではない | トップページ | 残業を恥ずかしいことにする »

2015/12/07

私たちは何にお金を払っているのでしょうか

たとえば、飲食店の原価は一般的に、30%程度といわれています。
つまり、900円のランチメニューは、300円の材料費でできているわけです。
これをはじめて知った人は、「なにぃ!ぼったくりだな」と言ったりします。

たとえば、お掃除代行のお仕事。台所のお片づけ10000円だとします。
人件費は1時間1000円として、まあ、片付けに2時間で2000円。
おいおい、これもぼったくりだな、となります。

実際には、飲食店なら、家賃もかかるし、水道光熱費もある。
バイトさんや社員さんが調理する作業だってお給料を払う。
店はきれいにしなければならないので、時にはお掃除屋さんも呼ぶ。
そういうのがみんな入って900円。もちろん、社長が儲けていないと店は続かない。

お掃除代行だってそう。
道具を買うお金も必要だし、注文をとるための広告費もある。
電話番だって必要だ。

コスト面から言えばそう。

価値と言う方向から考えてみるとどうだろうか。

もし、ランチのおかずに900円の価値がないと考えるなら、もっと安い牛丼を食べればいい。
いやいや、30%の原価というのに納得がいかないんだ!ということなら、買わないでください。

お掃除代行は、お掃除をしてもらうという意味+教育された人(セミプロかもしれないけど、少なくとも普通の人よりはスキルを持っている)の仕事+時間という価値を買っているはず。
それが10000円なら価値が高いと言う人だけ買えばいい。

原価率が20%のサービスなんて馬鹿らしいと思うなら、自分で掃除してください。

などと思ったりしました。

« 謝罪だけが大切なのではない | トップページ | 残業を恥ずかしいことにする »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/62760067

この記事へのトラックバック一覧です: 私たちは何にお金を払っているのでしょうか:

« 謝罪だけが大切なのではない | トップページ | 残業を恥ずかしいことにする »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ