« JANの更新手続き | トップページ | さまざまなテスト技法 »

2015/12/15

デジタルとアナログを使い分ける方法

手帳はアナログ。
なんとかカレンダーというウェブサイトはデジタル。
それぞれ、よいところ、困ったところがある。

そしてなにより、使い分け、情報の共有が難しい。

いろいろな方法があると思う。

私は、デジタルには予定は一切入れないと言っていい。

一方、デジタル一辺倒もありだと思う。

まずいのは、両方に同じことを書こうとすること。
大体の場合、ダブルブッキングしたり、片側にしか書いていなくて忘れたりしてしまう。

デジタルはお仕事。
アナログはプライベート。
なんて分け方をする人もいるが、これもダブルブッキングの可能性は排除できない。

アナログで書いたら、デジタルになる時代はもうすぐそこですけどね。

« JANの更新手続き | トップページ | さまざまなテスト技法 »

手帳・文具」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/62863222

この記事へのトラックバック一覧です: デジタルとアナログを使い分ける方法:

« JANの更新手続き | トップページ | さまざまなテスト技法 »

最近のトラックバック