« 標的型攻撃の怖いところ | トップページ | 関心を持つこと »

2015/11/08

サービスで差別化する

ひとつの戦略ですね。
インターネットの時代、価格は簡単に比較されます。

特に、大手メーカーが作っている商品の場合、
品質は基本的に同じであるわけですから、
価格が安いところから買いたいというのは一般論。

中小の小売店では、
価格の差別化は難しいでしょう。

そこで、差をつけるためには
見えないサービスで、というのが
アフターサービスの充実なのではないでしょうか。

中小では人の信頼を売り物にする
ということができるのではないかとも思います。
「あの人から買いたい」
と思わせる接客、サービスというのは
差別化要因のひとつのように思います。

OKIの複合機。
アフターサービスの充実をCMで
うたっていますよね。
ああいうのなのかもしれません。

たとえば、包丁を売っているお店。
すごい高い包丁だけど、
切れなくなったとき、持ってくれば
ただで研いでくれる(もしくは超低料金で)とか、
柄を取り替えてくれるとか、
なんかそういうこと。

私の会社でも同じようなこと、
できるかなぁ。

« 標的型攻撃の怖いところ | トップページ | 関心を持つこと »

中小企業経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/62577828

この記事へのトラックバック一覧です: サービスで差別化する:

« 標的型攻撃の怖いところ | トップページ | 関心を持つこと »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ