« 商標なら小企業でも活用できる | トップページ | ネットショップで人間が感じられること »

2015/11/14

郵便局のクリックポストにやられました

郵便局とヤフーが提携してやっているクリックポスト。
荷物が戻ってきました。
これまでこんなことはなかったのに。。。

理由のところに、「専用ラベルの二次元コードが読み取れません」との表示。

えっと、うちのスマホについている
カメラで撮影すると、しっかり読めます。

えっと、郵便局にある二次元バーコードリーダーって、
そんなに性能が悪いのでしょうか。

二次元バーコード(QRコード)というのは、性能上、
7から30%程度が欠落してもデータが読み出せるように
なっています。

にもかかわらず、「読み込めなかった」というのは、

バーコードリーダーが故障しているか
よほど暗くてバーコード自体が見えなかったか
電源が入っていなかったか

ぐらいしか思いつきません。

なにせ、印刷された二次元バーコードは

印刷もきれいで、
平らで、
にじんでもいないし、

全く問題ない。

電話での対応は、

「とにかく、別の番号で印刷しなおして再投函してくれ」

の一点張り。

同じプリンターで印刷しても同じことが起こらないって、
保証できないですよね?
私はクレーマーでしょうか。

« 商標なら小企業でも活用できる | トップページ | ネットショップで人間が感じられること »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/62658505

この記事へのトラックバック一覧です: 郵便局のクリックポストにやられました:

« 商標なら小企業でも活用できる | トップページ | ネットショップで人間が感じられること »

最近のトラックバック