« Windows10パソコンに変えての感想 | トップページ | 商売の基本に戻っていただいた方がよいかと »

2015/11/29

市販薬の購入で税金が安くなる?

新聞各紙は、厚生労働省が

「市販薬を1万円以上買った人は、確定申告すれば税金を安くします」

という作戦を立てている、と掲載しています。
なぜこんなことをするのでしょうか。

最大の理由に挙げられているのが、「健康保険の支出削減」です。
軽い症状でも、健康保険があると医者に行きがちです。
その方が安くて良い(効果が高いと思われる)薬が手に入るからです。
市販薬よりは効果が期待できる薬です。

しかし、それをみんながやっていると、健康保険の支出が多くなってしまい、保険料だけでは賄えないということが起こってきます。

方向としては、
・支出を減らす(保険の負担金額を3割から引き上げる)
・収入を増やす(保険料を高くする)
というのが挙げられます。

もちろん、この組み合わせでもいいし、場合によっては、「支出が増える以上に収入を増やす」か、「支出を大幅に減らしながら、収入も少し減らす」という方法もあります。

厚生労働省の今回の方法は、「収入には手を付けず、支出を減らす」という方向ですね。ほかの方法も組み合わせてきっと考えておられるとは思いますけどね。

« Windows10パソコンに変えての感想 | トップページ | 商売の基本に戻っていただいた方がよいかと »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/62726759

この記事へのトラックバック一覧です: 市販薬の購入で税金が安くなる?:

« Windows10パソコンに変えての感想 | トップページ | 商売の基本に戻っていただいた方がよいかと »

最近のトラックバック