« 衣料品の販売が好調? | トップページ | 私は元気なシルバー世代になれるだろうか »

2015/10/09

巣束の価値

街にはMBA(マックブックエアー)やスマホ、タブレットなどを持ち歩きながら、スタバでお茶をし、同時に仕事をするという人が増えているそうだ。ノマドワーカーと呼ばれた人たち。今は、ドヤラーというのだそうだ。

確かにいる。「どや顔」でMBAを扱う人たち。スタバじゃなくてもいる。

以前にも書いたのだが、個人的意見である。

巣束は、私の中でとても価値が下がっている。サードプレイスとはとても呼べない場所に成り下がった。私が入っている巣束が良くないのかもしれないが、サードプレイスには程遠い。結果、そこでお仕事なんてできそうもない。

新幹線にも、巣束にも、他のカフェにもいるが、あのキーボードをカチカチと打つ音には、正直困らされる。つめの長い女性がうつキーボードの音はさらに困ったことになることがある。男性でも、エンターキーをバチバチとたたく人もいる。それもそんなに頻繁に変換して確定を押さなくても今のフロントエンドプロセッサは大丈夫だよというくらい頻繁にエンターキーをたたく。

そうした音がカフェ内にこだましたりするととっても不快である。

いろいろな人が出入りするカフェなので、そういう人たちがいてもそれは許されることだし、文句を言うことでもないのかもしれないと思いながら、落ち着ける場所というのはいったいどこにあるのだろうと思ったりする今日この頃です。

« 衣料品の販売が好調? | トップページ | 私は元気なシルバー世代になれるだろうか »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/62394611

この記事へのトラックバック一覧です: 巣束の価値:

« 衣料品の販売が好調? | トップページ | 私は元気なシルバー世代になれるだろうか »

最近のトラックバック