« SNSの炎上事故 | トップページ | 東京商工会議所の社長ネット »

2015/09/02

この夏の消費動向を拝見した

日経MJでこの夏の消費動向を拝見しました。ショッピングセンターや食品スーパーなどが増収で、消費が上向いていることをあらわしているようです。食品スーパーは、4ヶ月連続で前年比上回る状況が続いているそうです。

理由として、プレミアム商品券の利用が本格化してきたことをあげていましたが、それだけでしょうか。

記事の中ではもちろん、他にも理由がいくつかあがっていました。マクロの数字では、食料品が比較的良かったようで、食品以外は減少だったようです。

正直、この過去の情報を分析して、この先につながるかというと、「つながることもある」という程度なのかなと思ったりしますので、この先どうするかを考えたいところです。

夏の消費動向が良いとなると、この先、秋から冬にかけてはどうでしょうか。気温と同じように消費者のマインドは冷え込むでしょうか。それとも、マインドは冷え込んでも価格上昇にともなって売上は確保できるでしょうか。いや、もしマインドが冷え込んでも売上を確保できる方法はないでしょうか。

そっちのほうを考えたいですね。さあ、秋から冬にかけて、何をどうやって売りましょうか。

« SNSの炎上事故 | トップページ | 東京商工会議所の社長ネット »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/62171205

この記事へのトラックバック一覧です: この夏の消費動向を拝見した:

« SNSの炎上事故 | トップページ | 東京商工会議所の社長ネット »

最近のトラックバック