« 多角化や新規事業は関連性がないほどリスクが高い | トップページ | スマホアプリを作れば儲かる? »

2015/09/18

最安値だけじゃない状況になってきた

ネットといえば、価格比較をしてとにかく安いものを買うという傾向が強いと思われている。実際、そういうユーザーも数多くいるものと思う。が、一方で、やはり「モノをしっかり見て買いたい」とか、「販売員の説明を聞いて安心して買いたい」とか、そういうニーズも少なからずある。

また、ネット上でも最近は最安値が条件ではなく、そこそこ安くて、安心という傾向もあるようだ。

実際、当方がやっているネットショップは定価販売だが、隠れて卸先が定価から値引きして売っていたりする。もちろん、こちらで価格指定はできないから、そのまま放置することになる。しかし、こちらでもちゃんと売れる。

それは、やはり大元のメーカーであるからだろう。何かあったときにはきっとこちらの方が迅速に対応する。それに、硬いだろう。いくらかの値段の違いなら、掛け捨ての保険と考えて-ましてやネットショップなら相手の顔が見えにくい-安心できる方から選ぶ可能性がある。

と考えると、中小企業がやるネットショップは、単に最安値を売りにするのではない方法で売った方がいい。対応の早さやサービスの良さ、何らかの保証など、値段ではない部分をアピールできるのも良いのではないか。検討してみたい。

« 多角化や新規事業は関連性がないほどリスクが高い | トップページ | スマホアプリを作れば儲かる? »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/62256495

この記事へのトラックバック一覧です: 最安値だけじゃない状況になってきた:

« 多角化や新規事業は関連性がないほどリスクが高い | トップページ | スマホアプリを作れば儲かる? »

最近のトラックバック