« コンセプトというより所 | トップページ | 営業が一生懸命なことと、その会社の製品が良いことの相関 »

2015/08/29

ブランドというより所

つい昨日、コンセプトの話を書いたけど、そのコンセプトを具現化したもののひとつがブランドだと思う。うーん、まぁ、具現化とまでは言えないかな。ただ、外部のユーザーからも見えるようにしたものと言えなくはない。

ブランドのイメージはまさに、コンセプトが外から見えるようにしたものと言えるでしょう。ブランドはある意味、顧客を選択するもの。構築に失敗すると、顧客がつかないことになりますね。

難しいですね。

ブランドは一日にしてならず、だと思うので、ゆっくりとコンセプトを反映していきたいですね。

一企業内でのブランドの乱立は、ブランドが育つ前に次が出てきて、カニバリが起きたりしますから、よく考えた方が良い。

« コンセプトというより所 | トップページ | 営業が一生懸命なことと、その会社の製品が良いことの相関 »

中小企業経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/62146929

この記事へのトラックバック一覧です: ブランドというより所:

« コンセプトというより所 | トップページ | 営業が一生懸命なことと、その会社の製品が良いことの相関 »

最近のトラックバック