« 若年層を採用すると助成金、2016年から? | トップページ | ブランドというより所 »

2015/08/28

コンセプトというより所

テレビ番組の企画などで時々、末端の取材対象に対する暴言や失礼な行動があったりというのを聞きます。小売店やサービス業の店頭などでも、同じようなことをいわれれているケースがあります。

この手の事件というか事故というか、事柄はコンセプトが末端まで伝わっていない、浸透していないから起こることなのではないかと思ったりします。

なぜ、その仕事をするのかという理由や観念を理解していない人がそういう事件を起こす。議員が時におかしなことをしているのは、議員というものがどういうコンセプトを持つべきかを忘れているからではないでしょうか?

経営者は社員に対して、そうしたコンセプトを浸透させるのが大きな仕事の一つ。できないなら、自分一人でやった方がいい。一人でできないなら、コンセプトを浸透させてください。

« 若年層を採用すると助成金、2016年から? | トップページ | ブランドというより所 »

中小企業経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/62138631

この記事へのトラックバック一覧です: コンセプトというより所:

« 若年層を採用すると助成金、2016年から? | トップページ | ブランドというより所 »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ