« あらためて考える自己資金 | トップページ | コストを根本から見直す »

2015/08/13

インバウンド消費後

中国からの観光客などによって、爆買いなどが行われ、インバウンド消費が盛り上がっていますね。一説には、半年で600万人が日本を訪れたそうで、年末までには2千万人を超えるのではないかという予想をしているようです。すごい人数です。

このチャンスを逃してはいけないですね。

しかし、一方で、中国からの観光客にはリスクもあります。日本との関係が良くなくなると、一気にいなくなりますからね。欧州などからの観光客は、安定的に推移するようにも思いますが、中国、韓国あたりは怪しいものです。

となると、経営者として考えておかねばならないのは、インバウンド消費後のステップです。次の市場を探しておく必要があると思います。特に、次の市場が大きく狙えないのであれば、今、この瞬間にインバウンド消費を見込んだ追加投資をするべきかどうかはよく考えるべきでしょうね。

インバウンド消費後、どういう世界が日本には展開されるのでしょうか。

« あらためて考える自己資金 | トップページ | コストを根本から見直す »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/62053594

この記事へのトラックバック一覧です: インバウンド消費後:

« あらためて考える自己資金 | トップページ | コストを根本から見直す »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ