« 陳列と接客方法 | トップページ | インターネットでの火の手はどこで上がるかわからない »

2015/07/08

ちょい飲み需要

最近、ファーストフードのようなところでも、ちょい飲み需要を取り込もうという方向性があると思う。これから、夏に向かって、ビアガーデンのようなものが出てくるだろうが、ちょい飲みとはちょっと違う気がする。

一般の飲食店でこのちょい飲みを取り込む方法はないだろうか。

牛丼屋などは、元々、客の滞在時間が短い。結果、ちょい飲み需要にマッチしているといえる。ファーストフードなどもまさにそういうことだろう。

一方、少ししゃれたレストランやがっつり飲むような店はこうした需要には合わない。

ひとつの考え方として、そもそもそのちょい飲み需要を取り込まなくてもいいという戦略もある。これは否定しない。選択だから。一方、やっぱりちょい飲みを何とかしたいと思ったら、工夫が必要だろう。

ドアが閉まっているお店では、ちょい飲みというのはなかなか難しそうだ。特に店の中が見えにくいとさらにそうだろう。店舗を変えられないなら、他の方法はないか。中食用はどうだろうか。店のドアを開くのはどうだろうか。店の前にエリアはないだろうか。。。。

考えたい。

« 陳列と接客方法 | トップページ | インターネットでの火の手はどこで上がるかわからない »

中小企業経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/61830435

この記事へのトラックバック一覧です: ちょい飲み需要:

« 陳列と接客方法 | トップページ | インターネットでの火の手はどこで上がるかわからない »

最近のトラックバック