« 文具小売店を徹底的に見に行きます | トップページ | 伊東屋さんを見てきた。 »

2015/07/18

多角化、闇雲ではうまく行かない

多角化戦略。リスクも大きいですが、チャンスもありそう。となると、現事業がうまく行かなくなっていたりすると、手を出したくなる。でも、リスクは簡単にとれない。どうするか?

多角化で一番危険なのは、非関連多角化というやつです。金属加工業のメーカーが全く経験のない飲食業などに多角化するとかです。もちろん、ケースバイケースでしょうが、基本的にはそういうことです。

リスクが少ないのは関連多角化です。方向としては、二つ。垂直的なものと、別のルートを行くものです。

たとえば、先ほどの金属加工で下請けをやっているなら、さらに上流を目指すか、下流を目指すかです。これが垂直。問屋なら小売りに進出したりすることです。

別ルートの多角化は、肉屋がステーキハウスをやるとかです。まあ、肉を飲食に卸す業種だとしたら、下流に行ったということになりますけどね。

大事なのは、そういう分類ではなく、関連多角化としてどんなものがあるのかを把握することと、本業との関連、相乗効果をねらえるかという視点。また、本業そのものや本業の顧客を疎かにするような多角化は結局、リスクが高まってしまうのでダメです。

さあ、あなたの事業にはどんな多角化の方法がありそうですか?

« 文具小売店を徹底的に見に行きます | トップページ | 伊東屋さんを見てきた。 »

中小企業経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/61882406

この記事へのトラックバック一覧です: 多角化、闇雲ではうまく行かない:

« 文具小売店を徹底的に見に行きます | トップページ | 伊東屋さんを見てきた。 »

最近のトラックバック