« 爆買いの例を聞いた | トップページ | 丸12年が経ったらしい »

2015/07/02

人が集まる場所にする

よく、「集客」というが、「客集」という考え方はどうだろうか。
自然に客が集まってくるという意味で。

ある複合店にいって思った。

先般、複合書店、または文具店に見る戦略などという大げさなタイトルで記事を書いたが、滞在時間を長くすることで客単価を上げる作戦だろうと感じた。

一方、先日行ったお店は、カフェが併設されているので、その戦略も採っているようだが、規模が小さく、それほど滞在時間を長くできるとは思えない業態だった。しかし、違う戦略を組み合わせようとしていた。

それは、「イベント」である。

小さなイベントをカフェでたくさん打つことによって、「あそこ、なんかやってんじゃん?」という意識をお客に持たせて、リピート率を、リピート回数を上げるという方法である。

お店の店員である個人対顧客個人の関係が薄まる傾向がある一方で、密接になる方向性もある。イベントに来たリピータに対して、店員が関係を保つことでリピート性が高まるという点もあるだろう。

小さい店には小さい店なりのやり方がある。人を集めるのではなく、人が集まってくる場所作り、一つの方法だ。

« 爆買いの例を聞いた | トップページ | 丸12年が経ったらしい »

中小企業経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/61810834

この記事へのトラックバック一覧です: 人が集まる場所にする:

« 爆買いの例を聞いた | トップページ | 丸12年が経ったらしい »

最近のトラックバック