« 失敗してもそれがプラスになる人 | トップページ | 友人に聞いたある本屋の話 »

2015/06/28

経済的理由だけで人の消費は決まらない

人は常に合理的に行動する訳ではないといわれる。つまり、常に経済的理由だけで人は消費を決定するわけではない。

これを考えたとき、安易な安売りは何を引き起こすだろうか。

まず、売上が減る。安くすれば、経済的合理性から買う人が増えると思いがちだが、需要はそんなに簡単ではないのではないか。結果、安くした分だけ売り上げが下がる。

安い値段をつければ、そのものの価値が下がったように見える。結果、販売個数が減ることもある。もちろん、逆もあるので、難しいことには間違いない。

いずれにしても、経済的理由だけで人は動かないので、ただ単に安くするだけではだめなのである。

« 失敗してもそれがプラスになる人 | トップページ | 友人に聞いたある本屋の話 »

中小企業経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/61777817

この記事へのトラックバック一覧です: 経済的理由だけで人の消費は決まらない:

« 失敗してもそれがプラスになる人 | トップページ | 友人に聞いたある本屋の話 »

最近のトラックバック