« 複合書店、または文具店に見る戦略 | トップページ | 経済的理由だけで人の消費は決まらない »

2015/06/27

失敗してもそれがプラスになる人

先日、ある企業の代表者の方に話を聞いた際、

「この事業は結局ダメだったけど、とても勉強になった」

という人がいました。会社がつぶれない程度の失敗で済んだから良かったですが、もしそうでなかったらと考えると少し寒い気がします。

でも、そういう方はそう考えません。失敗をプラスに考えています。

その時、ある金融機関の担当者からいろいろアドバイスを受けたそうです。きつい状況の中で聞いたそれらの話は、直接役立つこと、そうでないことがあったとは思いますが、

「話が聞ける自分に変わった」

という点を強調していました。それまでは一匹狼的に仕事をしてきたようですが、相手には相手の専門分野があり、そこからの知識というのはやはりプロの知識なんだと感じたそうです。

良く私の周りでは成功している人の特徴として、この「人の話を聞く」ということを聞きます。コンサル仲間がいっているんだから、そうなんだろうなと思っていましたが、目の前にそういう人が現れると納得度が上がります。

最後は自分で取捨選択するとしても、外部の話を聞き、自分の糧にする人が強いのかもしれません。

« 複合書店、または文具店に見る戦略 | トップページ | 経済的理由だけで人の消費は決まらない »

中小企業経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/61791003

この記事へのトラックバック一覧です: 失敗してもそれがプラスになる人:

« 複合書店、または文具店に見る戦略 | トップページ | 経済的理由だけで人の消費は決まらない »

最近のトラックバック