« 現状維持を狙うと、微減になる | トップページ | 企業向けサービス業での営業 »

2015/06/22

入社後に擦れていくのは当たり前とはいえ、、、

あるマーケティング会社が若い社員さんの意識調査をしたらしい。
3年目までに20%が転職するようだが、石の上にも三年とはよく言ったものだ。今は、時代が早く流れるから、3年は長いのかな。

その2割の人たちが何を求めて転職したのかわからないが、3年くらいは一所にいられないものだろうか。古い人間の考え方か?仕事がわからないうちに、理解できないうちに辞めているんじゃないかと不安になる。そういう人は、転職した先でも同じことを繰り返して、結局、何も手につかないまま、年だけを取っていかないか。

ちょっと不安です。

また、「キャリアアップ」という言葉があるけど、その定義は何?きっと、言葉の意味を都合良く捉えているんじゃないかと思ったりします。偏見、たくさん入ってます、すみません。

1年目、2年目と擦れていって、3年目にはそれが悟りに変わって、転職を考える、そういう構図でしょうか。

« 現状維持を狙うと、微減になる | トップページ | 企業向けサービス業での営業 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/61748298

この記事へのトラックバック一覧です: 入社後に擦れていくのは当たり前とはいえ、、、:

« 現状維持を狙うと、微減になる | トップページ | 企業向けサービス業での営業 »

最近のトラックバック