« 銀座の老舗文具店に見る「戦略転換」 | トップページ | 失敗してもそれがプラスになる人 »

2015/06/26

複合書店、または文具店に見る戦略

つい最近、北海道から東京に(といっても都下)進出してきた「コーチャンフォー若葉台店」に行ってきた。

コーチャンフォー若葉台店は、北海道からはじめて飛び出したコーチャンフォーの支店である。コーチャンフォーとは、四頭立ての馬車のことだそうで、

書店
文具店
CD店
カフェ(飲食店)

の四つの複合店を意味しているそうだ。

入ってすぐの印象はまさに「でかい」の一言。驚くべき大きさである。正直、これを零細企業が経営するのは難しいと思う。土地の取得も無理だし、店舗運営も難しいだろう。

この店のポイントは、「滞在時間」ではないかと思う。

書店や文具店という関連のある業態を集めていることもそうだが、それぞれ商品の選択に時間がかかることがあると言えないか。音楽もそうである。これにカフェが加わるんだから、滞在時間は確実に長くなる。おそらく2ー3時間は十分にいられる。

このためか、駐車場の無料時間も3時間である。買い物をすればであるが。しないと1時間。すれば3時間。こうなるとほとんどの人は何かを買うだろう。

この若葉台店の弱みはというと、「ブランド力」だろう。おそらく、コーチャンフォーを知っている人は少ない。私の家からは車で20分程度かと思うが、周りに知っている人は少ない。若葉台のそばに永山という駅があるが、そこの温浴施設はだいぶ周囲では知られている。それに比べるとやはり知名度はまだ低い。

その辺はこれからか。

ただ、業態として、東京多摩地区ではあり得る業態なのに、これまでなかったことが不思議とも言える。周囲の書店などはロードサイドにほとんどなく、駅周辺だけだとも言える。複数の商品カテゴリが集まることによる、ファミリー層の取込は可能であり、この先の集客がどうなるのだろうと思う(既に開店から半年経っているのだが)。

また定期的に観測したい。

« 銀座の老舗文具店に見る「戦略転換」 | トップページ | 失敗してもそれがプラスになる人 »

中小企業経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/61775227

この記事へのトラックバック一覧です: 複合書店、または文具店に見る戦略:

« 銀座の老舗文具店に見る「戦略転換」 | トップページ | 失敗してもそれがプラスになる人 »

最近のトラックバック