« AmazonのBOOK OFF化? | トップページ | コンセプトだけでは、飯は食えない »

2015/06/19

それは、本当にニッチ市場か?

よく、中小企業はニッチ市場をねらえと言われます。なぜでしょうか?

中小企業診断士になりたての方々にはその意味が実質的に理解できないことがあるようです。そして、中小企業の社長たちも。

実際、小さな市場を狙ったところで、儲からないのではないかと考えてしまいます。もちろん、小さすぎれば、それは問題です。一日に一人しか買わない、100円のノートを作ったところで、儲かりません。

しかし、そこまで小さな市場はなかなかなさそうです。

多くの中小企業の場合、それなりの理由で存続してきているし、社長がいくら強みなんてないよといったとしても、何かなければ存続できていないはず。せれを見つけて、ニッチ市場に合わせていくのがマーケティングでは?

ニッチでも、自社がしっかり生きるだけの市場規模があればいいのです。探し続けて見つけた人が勝ちます。

« AmazonのBOOK OFF化? | トップページ | コンセプトだけでは、飯は食えない »

中小企業経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/61745294

この記事へのトラックバック一覧です: それは、本当にニッチ市場か?:

« AmazonのBOOK OFF化? | トップページ | コンセプトだけでは、飯は食えない »

最近のトラックバック