« 経済的理由だけで人の消費は決まらない | トップページ | 夏はスイーツが売れないという諦め »

2015/06/29

友人に聞いたある本屋の話

普通、本屋さんというのは、新規開店の時以外、新聞折込チラシを入れたり、人通りの多いところでビラを配布したりはしないものです。

が、先日、友人に聞いたところ、ある本屋さんはそれをしているというのです。

郊外にあるその本屋さんは、駅前に出てビラ配りをして集客をはかっているそうです。おそらく、新刊の情報や関連で扱っている商品の情報提供などをしているものと思われます。

本屋がビラ配りというのは、とても珍しいのではないでしょうか。
既成概念をハンマーで叩かれたような感じがしました。

既成概念というのは、誰もがその通りと思っていたりして、壊しにくいものです。しかし、いざ、壊してしまうと他との違いが際立ち、思いもよらぬ効果を表すことがあります。そんなもの、見つけてみたいですね。

« 経済的理由だけで人の消費は決まらない | トップページ | 夏はスイーツが売れないという諦め »

中小企業経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/61791018

この記事へのトラックバック一覧です: 友人に聞いたある本屋の話:

« 経済的理由だけで人の消費は決まらない | トップページ | 夏はスイーツが売れないという諦め »

最近のトラックバック