« 従業員の定着率が高いところ | トップページ | 信頼を得るのは、なかなか難しい »

2015/05/11

外部の力を「借りる」ことを知った経営者

ある社長から、「外部の力を借りないと、なかなか回らないよねえ」というお言葉をうかがった。こういう人がいる会社は成長する。ま、少なくとも倒産しない。気づくのが遅いとそうとも言えない。また、借りるのではなく、依存するのもダメです。

時々、仕事の依頼をしてくる社長の中には、依存してくる人がいます。何か、仕事を任せちゃおうと。依存です。依存するとノウハウが社長や社員に残りませんから、ダメです。成長が止まります。

もちろん、コアで無い部分を業者に任せるというのは、一つの戦略ですから否定しません。が、それで自分が動くのを100%やめてしまうと、困ります。その業者がいなくなったらどうするのでしょうか?

力を借りるのと、依存するのは違います。ここは、切り分けて行きたいところです。

« 従業員の定着率が高いところ | トップページ | 信頼を得るのは、なかなか難しい »

中小企業経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/61556856

この記事へのトラックバック一覧です: 外部の力を「借りる」ことを知った経営者:

« 従業員の定着率が高いところ | トップページ | 信頼を得るのは、なかなか難しい »

最近のトラックバック