« イベント企画は大変だが、自分でやると楽しい | トップページ | 多角化の成功とは? »

2015/05/26

診断士の世界は年次じゃない

先日、中小企業診断士の集まりに行ってきた。すでに合格した方々がさらに勉強しようという集まり。それほどではないがお金を払って。

中には資格を取ってもう18年経つという方もいらした。が、取得年次にはあまり意味がないことをあらためて知った。

中小企業診断士の多くは、企業内診断士と呼ばれる企業に勤務している人だ。6割とも7割とも言われている。中には企業に勤務していながら、サイドビジネスとしてコンサルタントをしているケースも見られるが、まだ、レアである。

しかし、そうした人の中には将来独立してひとりでコンサルタントをやってみたいという人もいる。そういう方々が集まっている塾に行ってみた。

そこで行われた自己紹介を聞き、タイトルのようなことを思ったのだ。私より人生の先輩がいたりしたが、診断士としての経験には私に歩がある。相対的なものだとは思うのだけど。

« イベント企画は大変だが、自分でやると楽しい | トップページ | 多角化の成功とは? »

中小企業診断士」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/61637558

この記事へのトラックバック一覧です: 診断士の世界は年次じゃない:

« イベント企画は大変だが、自分でやると楽しい | トップページ | 多角化の成功とは? »

最近のトラックバック