« 東京都の創業助成事業、始まってます | トップページ | 在庫の滞留期間 »

2015/05/16

売上低下の原因は本当にそれ?

ある飲食チェーンの新聞記事を読んだ。売上が芳しくないそうだ。利益を確保するために、店舗の閉鎖をしているようだ。固定費は確かに下がるが、売上は間違いなく、さらに低下する。縮小均衡だ。

新聞記事によると、

売上の低下は、「消費税のアップ時に行った値上げ」によって客足が遠のき、客数が減少したためだそうだ。この影響がさらにでないようにするために、メニューを見直して価格全体を下げたらしい。しかし、間に合わなかったのか、売上の低下はさらに続いたようで、店舗の閉鎖を余儀なくされたようだ。

ここでの疑問は、売上の低下原因が本当に値上げだったのかどうかである。怪しいものだ。価格が同じだったら、客足は本当に遠のかなかったのか?まず、それが怪しい。

また、メニューの見直しによって、客単価が下がったから売上はさらに下がったんじゃないのか。検証していないので、なんとも言えないが。

何を言いたいかというと、本当の原因を突き止めた上で対策を取ったのかを問いたい。普段の仕事でも同じだ。表面的な部分だけを見て、対策を打ったりするとかえって悪化することもある。自分もよく考えたい。

« 東京都の創業助成事業、始まってます | トップページ | 在庫の滞留期間 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/61583199

この記事へのトラックバック一覧です: 売上低下の原因は本当にそれ?:

« 東京都の創業助成事業、始まってます | トップページ | 在庫の滞留期間 »

最近のトラックバック