« 特定個人情報保護に関する罰則 | トップページ | 初の小規模企業白書が出ました »

2015/05/03

景況感は改善しているのか

東京商工会議所の調査によると、約四割の中小企業で売上が一年前に比べて増えているそうである。確かに、当方のクライアントで売上が下がっているというところはない。その四割に入れてもらえているようである。

調査によるとこの売上増は、単価の増加ではなく、量の増加とのことである。仕入れ価格の転嫁が進んでいないことが容易にわかる。

特に増加の大きい業種は、建設業。続いて、卸売業、サービス業である。製造業と小売業は平均を下回っている。特に小売は、昨年に比べて減少というところが五割近くもあり、落ち込みが激しい。消費税増税駆け込み需要との差が出ているのかもしれない。

しかし、当方の支援先では昨年の3月、4月よりも今年の3月、4月の方が売上が良いという小売業もあって、差がついているような印象もある。業態によっても差が出てきているのかもしれない。

こうしたマクロな情報は概観するのには役立つが、それぞれの個別企業についてはネタにならないこともある。とはいえ、きちんと見ていきたい指標でもある。

« 特定個人情報保護に関する罰則 | トップページ | 初の小規模企業白書が出ました »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/61515678

この記事へのトラックバック一覧です: 景況感は改善しているのか:

« 特定個人情報保護に関する罰則 | トップページ | 初の小規模企業白書が出ました »

最近のトラックバック