« 営業は戦略と確率論がまずできることだと思う | トップページ | 呑むと時間の感覚は麻痺する »

2015/04/05

動くと何かが動き出す

日々、仕事に追われてしまうと、変えたいと思っていることが変えられなかったり、相手が変わっているのにこっちが気づかなかったりして、どんどん悪い方向に行ってしまったりします。そういう時に限って、動き出すのがどうしても遅くなったりして、気がつくともうどうにもならなくなっていたりします。

一方で、動き出すと変わったりします。

以前、ある企業で人が足りないということで、どうにかしようということになりました。で、何でも良いから動こうということで、ある人材サイトに募集をかけました。その後、実はそこからは全然連絡がなく、なんだよぉ、と思ったところへなんと一本の電話が。

その電話は全く違うルートでしたが、とても良い話でした。驚きました。その社長と一緒に「こんなこともあるんだねぇ」と言って喜び合いました。

何を言いたいかというと、思わぬところから落ちてくるぼた餅は、的外れなところを叩いても落ちてくる可能性があるってことです。動き出せば、何かが動き、そして帰ってくる可能性がある。全然動かなければ、何も起こらないのです。

そういえば、大学の時に世話になった先生がよく、「仕事に追われていてはダメだ。仕事を追うようになれ」とおっしゃっていました。今でもこの言葉は、ガツンときます。

« 営業は戦略と確率論がまずできることだと思う | トップページ | 呑むと時間の感覚は麻痺する »

中小企業経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/61368497

この記事へのトラックバック一覧です: 動くと何かが動き出す:

« 営業は戦略と確率論がまずできることだと思う | トップページ | 呑むと時間の感覚は麻痺する »

最近のトラックバック