« 2017年度からの欠損金繰り越しは10年になる | トップページ | サトーの3行報告 »

2015/04/23

創業者の方へ:自己資金は用意してください

国を挙げて創業を支援しているとは言っても、それは国がお金を全部くれて創業をさせてくれる訳ではありません。それを税金でまかなうことは難しいのです。あなたも一人の納税者として、税金が「リスクの高い創業」に全額投資されることを望むでしょうか。違うと思います。

創業時にお金を借りることも同じです。

信用保証協会というところが、創業の際に保証人になってくれて、お金をスムースに借りられる制度がありますが、これも「リスクマネー」ではないのです。なぜなら、税金でまかなわれるからです。

自己資金がゼロ、または少額の状況で、その何倍ものお金を借りたいという申込みは受け付けられないのです。

たとえば、自己資金が100万円で、1000万円かかる内装工事をする飲食店をやりたい、という人に残りの900万円を金融機関は貸さないのです。信用保証協会も保証できないのです。

あなたが900万円持っていて、そのお金が誰かからの預かり物だったとしましょう。「これに投資すれば、必ず返すから、貸してくれ」という100万円しか持っていない人から依頼があったら貸すでしょうか。それもはじめて取引する人です。そういうことなんです。

国が支援してくれるっていうから創業しようという人がいたら、もう一度考え直してください。お願いします。

« 2017年度からの欠損金繰り越しは10年になる | トップページ | サトーの3行報告 »

中小企業経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/61461120

この記事へのトラックバック一覧です: 創業者の方へ:自己資金は用意してください:

« 2017年度からの欠損金繰り越しは10年になる | トップページ | サトーの3行報告 »

最近のトラックバック