« 頑なにやって来て、うまく行ってない | トップページ | 人を買ってもらうという仕事 »

2015/03/16

自信を持つことと、人の話を聞かないということは違うこと

相対的な人にも出会いました。頑なに、人の話を聞かない人もいれば、自信をすごーく持っているのに、人の話はきちんと聞く人といらっしゃるということをあらためて感じました。

その自信を持っている人は、中小の美容院経営者でした。

「お店に来てくだされば、絶対にリピートする自信があるし、スタッフもそういう風に育てているし、スタッフ自身もそういう気持ちで技術やコミュニケーションを学んでいる」

という話だった。自信にあふれる話である。顧客対応を見ても、非常にコミュニケーションが上手で、違和感がない。お見送りも丁寧だし、これならリピートする確率も高そうだ。

一方、人の話は聞く。また、もっと聞きたいと思っているようだ。つまり、自分の専門外のところや、もっと良いことがあるんじゃないかと思えるところは、貪欲に吸収していこうとしているのだ。経営者の鏡だ。こういう経営者のもとでなら、スタッフもいきいきとして働きそうだ。

さあ、自分を振り返ってみよう。

« 頑なにやって来て、うまく行ってない | トップページ | 人を買ってもらうという仕事 »

中小企業経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/61257010

この記事へのトラックバック一覧です: 自信を持つことと、人の話を聞かないということは違うこと:

« 頑なにやって来て、うまく行ってない | トップページ | 人を買ってもらうという仕事 »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ