« 創業促進補助金の要項が出ました | トップページ | ザ・ビジネスモールをご存じですか »

2015/03/03

多様なニーズをすべて取り込むのは得策か

中小企業にとって、ものが売れるかどうかと言うのは大切なバロメータです。それがきちんと考えられなければ、流れだけで運営することになり、売上がきちんと上がらないからです。

となると、顧客のことをよく見るようになります。そしてニーズをきちんと掴もうと努力します。
しかし、それをやりすぎると危険な罠にはまる可能性もあります。

経済成長期に比べると、現在は顧客のニーズが非常に多様化しているというのが随分前から言われてることです。なぜなら、世の中には多くのモノやサービスが溢れかえっており、顧客は自分のニーズに合わせた商品やサービスを選択できるようになったからです。

そう考えると、様々な顧客ニーズに合わせようと様々な商品やサービスが開発されるようになります。もちろん、同じような商品やサービスが多数の企業から発売されるようになります。

中小企業がそれを真似して、様々な商品やサービスを開発すると、大手との価格競争に巻き込まれて、あまり良い事はありません。逆に、ニッチな市場で戦っていくのが中小企業の常套手段になっています。もちろん、ニッチすぎてもいけないわけですが。

多様なニーズをすべて取り込むということは中小企業にとって資金や人材、時間など様々な経営支援が必要になるため、それに乏しい中小企業にとって非常に厳しい状況になると言わざるを得ません。

結果、中小企業は多様なニーズをすべて取り込むのではなく、狙ったターゲットに対して深くそのニーズを分析、そのニーズだけに合った商品を開発していくことが適切でしょう。

そう言いながら、私の手帳もだんだんと商品のラインナップが広がっています。これ以上は気を付けなければいけません。

« 創業促進補助金の要項が出ました | トップページ | ザ・ビジネスモールをご存じですか »

販売促進」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/61211906

この記事へのトラックバック一覧です: 多様なニーズをすべて取り込むのは得策か:

« 創業促進補助金の要項が出ました | トップページ | ザ・ビジネスモールをご存じですか »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ