« 特化するなら徹底的に | トップページ | オークションでのノークレーム、ノーリターン »

2015/03/13

創業って、そんなに簡単なものだろうか

創業を非常に大きな転換点と考えている人がいる一方、非常に簡単に考えている人もいます。実際、簡単に考えている人の方が成功していたりすることがあったりするのが、ちょっとおもしろいところではありますが、それは実際、全体のほんの少しだと思うのです。

創業って、そんなに簡単なものじゃないと思います。

昨日までサラリーマンだった人が、明日から料理人になれるわけもないし、急に人気コンサルタントになれる訳でもない。経験と努力がその裏付けとしてあるからこそ、思った方向に行ける。思った方向でない方に行った時でも対処できる。と私は思います。

もちろん、全く違う業種を創業してはいけないといっているのではありません。もしそれを目指すなら、何か経験をした方が良いと申し上げているだけです。

これまで小売店の経験がないなら、小売店に一度、アルバイトでもなんでも経験してみて、意識を持ってそのアルバイトをする。そうすれば、いろいろなことが見えてきます。漫然とアルバイトをやっている学生とは違う(学生の中にも意識を持ってやっている人もいるでしょう)のです。

創業って、そんなに簡単なものじゃないです。一生懸命考えて、経験を積んで、はじめて大きな転換点を迎えるものだと私は思います。

« 特化するなら徹底的に | トップページ | オークションでのノークレーム、ノーリターン »

中小企業経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/61242962

この記事へのトラックバック一覧です: 創業って、そんなに簡単なものだろうか:

« 特化するなら徹底的に | トップページ | オークションでのノークレーム、ノーリターン »

最近のトラックバック