« 事業を育てるという考え方 | トップページ | 売れるもの=市場が欲しているもの? »

2015/03/08

事業ドメインというもの

「事業ドメイン」というと、ちょっと格好良いものの、わかりにくいというご指摘もありそうですね。
ようは、自分の会社では、何をするのか、そして「何をしないのか」を考えることです。

「うちは、パスタ屋だけど、フランスパンを出す」のか、「出さない」のかのベースになる考え方といったら良いでしょうか。

当社の場合、「コンサルティング」事業をしている訳ですが、IBMなどの会社は「ITを導入する」事業から、「コンサルティング」をする事業に事業ドメインを拡大したとも解釈できます。

一方で、解釈によっては「お客様の課題を解決する」ためには、ITを導入するだけではなく、コンサルティングをすること自体が重要であると考えれば、事業ドメインは変わっていないとも言えます。これは言葉の遊びとも言えるかもしれません。

いずれにしても、解釈によって変わるとはいえ、何をしないか、何をするかを規定しておくと、社長だけでなく、従業員も含めてやって良いことと、やらない方が良いことがはっきりします。これはメリットです。

いわゆる企業のビジョンのようなものに続く、コンセプトのようなものとして必要な考え方なのかもしれません。

« 事業を育てるという考え方 | トップページ | 売れるもの=市場が欲しているもの? »

中小企業経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/61232100

この記事へのトラックバック一覧です: 事業ドメインというもの:

« 事業を育てるという考え方 | トップページ | 売れるもの=市場が欲しているもの? »

最近のトラックバック