« 気持ちが軽くなる、という言葉 | トップページ | 事業ドメインというもの »

2015/03/07

事業を育てるという考え方

今やっている事業は未来永劫、続けられるのでしょうか。それとも、いつか衰退してしまうのでしょうか。
普段、仕事をしている上でこういうことを考えながらやっているケースは少ないかもしれません。
でも、自身は20年も30年も生きていかなければならない。従業員だって、養わなければならない。と考えた時、事業を育てないと継続していけないと考えるのは、自然かもしれません。

よく、中小企業の社長さん達と話す中で、私はこの「事業を育てる」という考え方についてお話しします。どちらでも良いのですが、縦軸に市場シェア(中小企業の場合、市場を絞り込んでも構わない)を取り、横軸にその事業に関するノウハウやスキルをどのくらい持っているかというものを取ります。そして、事業を○で表現し、その○の大きさを売上高と考えます。

この軸で、左上に行くほど、シェアを持っていて、スキルが高いと考えると、今やっている事業は通常、ある程度の大きさの○で、左上にあるはずです。ただ、この○が小さくなっていく可能性があるので、それはまずいということになります。

続いて考えるのは、右下に小さな○がないかどうかです。なければ、作りましょう、早く。そして、右下から左上に持って行けるような対策を取ることが必要です。すべての小さな○が左上には行かないかもしれませんから、いくつもそういう事業を持っていると良いですね。

« 気持ちが軽くなる、という言葉 | トップページ | 事業ドメインというもの »

中小企業経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/61232110

この記事へのトラックバック一覧です: 事業を育てるという考え方:

« 気持ちが軽くなる、という言葉 | トップページ | 事業ドメインというもの »

最近のトラックバック