« できれば早めに来てください | トップページ | 動き方がわからないときは、外に助けを求めよう »

2015/03/29

受けた恩を忘れずに、返せないから後ろへ

なかなかできないことです。親からもらったたくさんの恩を忘れずに生きたい。先輩方にいただいた恩も忘れずに生きたい。返しきれないことは重々承知していますが、可能な限りお返ししたい。

そういう話をすると、よく親や、先輩方に言われるのは、、 、

恩を返そうと思ったら、子どもたちや後輩たちにその分を渡せ!、ということです。返せないものを返すより、ご指摘通りにしたいと肝に命じています。それが、ご恩に報いる方法の一つであると信じて。そして、もし、同じことを子どもや後輩に言われたら、同じことを言おうと思います。

« できれば早めに来てください | トップページ | 動き方がわからないときは、外に助けを求めよう »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/61325882

この記事へのトラックバック一覧です: 受けた恩を忘れずに、返せないから後ろへ:

« できれば早めに来てください | トップページ | 動き方がわからないときは、外に助けを求めよう »

最近のトラックバック