« 事業ドメインというもの | トップページ | 進捗管理をしていますか »

2015/03/09

売れるもの=市場が欲しているもの?

タイトルの式は一種当たっていると思います。しかし、それが長く続くかというと違うかもしれません。
市場が欲しているものは確かに売れますが、市場はすぐに変化します。すぐに売れないものになるかもしれません。売れるものを作るという風に言いますが、それだけでは単なるフォロワーになります。

中小企業の場合、ニッチでもいいので、市場のリーダーになることが重要かと思います。そして、できる体力の中で「定番品」を作り、長く売っていく方が全体の売上が上がるのではないかと思うのです。一瞬の輝きを求めているのであれば、違うのでしょうが、少しでも長くと思っておられるなら、「定番品」の威力はおわかりかと思います。

たとえば、特殊な手帳を作ったとしましょう。その特殊な手帳と、能率手帳の定番品とどちらが長く売れ続けるかと考えたら、やはり能率手帳であることは間違いないですね。

もちろん、その特殊な手帳も長く頑張って売り続ければ、定番品となって、細っボソかもしれませんが、やっていけるかもしれません。つまり、継続性が重要ということです。単に、「売れるもの」だけを追っても、それを全く追わなくてもどちらも良くないということになります。

企業経営の難しいところです。

« 事業ドメインというもの | トップページ | 進捗管理をしていますか »

中小企業経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/61232124

この記事へのトラックバック一覧です: 売れるもの=市場が欲しているもの?:

« 事業ドメインというもの | トップページ | 進捗管理をしていますか »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ