« 長時間労働しなくても会社はやっていける? | トップページ | 助成金と補助金 »

2015/02/12

どうしてもお金が足りない時、、、バイトする?

どうしてもお金が足りない時、コンビニのバイトでもして、なんとか返済に回したり、自分の給料(生活費)だけでもなんとかしたいという気持ちになるのは理解できます。

実際、自分もコンサルタントとして生活できなくなったら、コンビニでも、土方でも、牛丼屋でもバイトして、なんとか頑張っていくぞ!と思っていたものです。

でも、、、

それは独立開業して、せっかく創業して、目指したいところへ向かう一つの手段として仕方ないと思う反面、やっぱりちょっと不本意ですね。

もし、コンビニでバイトしてでも返済をしようと考えておられるなら、まずは返済を止める準備をした方が良いです。ましてや、コンビニでのバイトを未来永劫続ける訳ではないでしょうから、そのバイトを何ヶ月くらいやるつもりでいたのかによって、返済を止める期間を決めれば良い。

返済を止めるというのは、なかなか英断です。なぜなら、日本人は「借りたものは返す」という風に教育されていますからね。それは当たり前ですが、それをちょっとだけ待ってもらうのですから、返さないといっている訳ではありません。

コンビニでバイトする分を返済を止めることによって確保できるなら、バイトはしなくて良いです。一時的に返済を止めましょう。

ただし!

返済を止めている間、死ぬ気で営業したり、課題を解決するつもりで働かなきゃダメです。その気概はバイトする気持ちがあるなら、きっとあるでしょうけど。

« 長時間労働しなくても会社はやっていける? | トップページ | 助成金と補助金 »

中小企業経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/61110048

この記事へのトラックバック一覧です: どうしてもお金が足りない時、、、バイトする?:

« 長時間労働しなくても会社はやっていける? | トップページ | 助成金と補助金 »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ