« 金融機関との情報交換 | トップページ | いよいよ創業促進補助金も来ます »

2015/02/23

苦しくなると立ち戻る、自分が事業をやっている意味

なんのビジョンもなく、特に理由もなく事業をしている人は、苦しくなった時に立ち戻るところがない。
立ち戻るところがあると、苦しくなった時に考え直せる。ないと、途方に暮れる。
どちらがいいだろうか?

立ち戻るところがないなら、作ればいい。それが作れないなら、やめた方が良いかも。

なんで、これやってんだ?

という自問に答えられる限り、その行動に、事業に意味を持たせられる。意味があると、モチベーションが維持できる。なければ、終わり。

変えた方がいい場合もあるかも。でも、変えるには元がないと。まあ、持つことを勧めたいのです。

« 金融機関との情報交換 | トップページ | いよいよ創業促進補助金も来ます »

中小企業経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/61161902

この記事へのトラックバック一覧です: 苦しくなると立ち戻る、自分が事業をやっている意味:

« 金融機関との情報交換 | トップページ | いよいよ創業促進補助金も来ます »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ