« どうしてもお金が足りない時、、、バイトする? | トップページ | 会社法施行10年は来年です »

2015/02/13

助成金と補助金

以前も他で書いたことがあるのですが、根本的に助成金と補助金は全く性格の違うものです。
省庁で言うと、厚生労働省が出す物を助成金と呼び、主に経済産業省が出すものを補助金と呼んでいるケースが多いと思います。

そして、お金の出方も大きく違います。

厚生労働省が出す助成金は、一定の条件がありますが、それに合致すれば書類上の不備がなければ、申請を検査した後、ほぼ間違いなく獲得できます。これには、通常大きな支出は伴いません。もちろん、助成金の種類によって設備を設置しなければならなかったあり、新しく従業員を雇わなければならなかったり、従業員に対して教育研修をしなければならなかったりするケースもあります。

一方、経済産業省が出す補助金はまず条件に合うような計画書を作成し、その計画書が認定されなければなりません。認定された後、初めてその計画に沿って一定の支出をし、支出をした過程やその結果について証拠の書類を揃えた上で、再度結果報告書を提出しなければなりません。

つまり、助成金は単純に貰えるお金ですが、補助金はある程度の支出が伴います。言い換えれば支出がないものに対しては補助金は出ません。

助成金も補助金も、とにかく貰えるお金として認識している中小企業の社長さん達がいらっしゃいますが、いずれも少なからず支出が伴うものです。これを認識せずに単純な資金として考えていると落とし穴にはまります。

また、助成金や補助金を狙って、とにかく新しい事業などを、そのためだけに考えているケースなどは、本来の自分の仕事をおろそかにするケースもあり、非常に危険でもあります。気をつけたいものです。

« どうしてもお金が足りない時、、、バイトする? | トップページ | 会社法施行10年は来年です »

中小企業診断士」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/61114896

この記事へのトラックバック一覧です: 助成金と補助金:

« どうしてもお金が足りない時、、、バイトする? | トップページ | 会社法施行10年は来年です »

最近のトラックバック