« 目玉商品はありますか? | トップページ | 新規集客対策とリピータ対策(4) »

2015/02/08

電子機器の寿命

中小企業に限らず、多くの企業では事務を効率的に推進するためにコンピュータを使っていると思います。コンピュータを含めた電子機器、たとえば、携帯電話やネットワーク機器、プリンターなども、ほぼすべての電子機器には、コンデンサという部品が使われています。

コンデンサ?それがどおしたの?

実は、このコンデンサ、意外と知られていないですが「寿命」があります。また、大量のコンデンサがパソコンなどの電子機器には使われています。

ちょっとした計算でその寿命は大まかにわかるのですが、ざっというと、だいたい、

4年

です。もちろん、この4年というのはずっと電源を入れていた場合のことで、作られてから4年で使えなくなる訳ではありません。が、性能は下がっていきます。

とすると、仕事で使っているパソコンなどは結構な時間、電源が入ったままですし、ネットワーク機器やFaxなどは24時間電源が入ったままのこともあります。となると、意外とこの4年というのは、そう長引かないわけです。

ざっと考えても、パソコンで6~7年。24時間電源が入っていると、5年くらいなのではないかと思います。

最近、パソコンとかの調子が悪いなぁという方。実はハードウェアがおかしくなっているのかも。コンデンサだけを単独で交換するというのはできませんから、買い換えになるのは物理的に、現在の技術では仕方ないのかもしれないですね。

計画的に、電子機器を入れ換えること、考えましょうね。安い買い物じゃないですから。

« 目玉商品はありますか? | トップページ | 新規集客対策とリピータ対策(4) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/61097508

この記事へのトラックバック一覧です: 電子機器の寿命:

« 目玉商品はありますか? | トップページ | 新規集客対策とリピータ対策(4) »

最近のトラックバック