« 中小企業こそ、ミッションを持つべきか | トップページ | 中小企業の社長さん、それは、本当にやりたいことですか? »

2015/01/08

多角化よりも本業を見直す

本業の売上に陰りが見え出すと、多角化を志向する中小企業経営者は多いかもしれない。そういう傾向を見てなのかどうかわからないが、行政の中小企業支援策にも多角化を支援したり、多角化のための資金調達を支援する融資制度があったりする。

しかし、多角化はリスクが高い。

本業に関連するような多角化なら、まだそのリスクは予想できるところもあるかもしれないが、これまでに経験がないような事業に出ようとするとかなりのリスクが発生する。

本当に多角化が必要なのだろうか。

もし、多角化が必要なら、ピンチになる前にはじめた方が良い。本業が傾いていない間にはじめた方が良い。本業がピンチになっている時は多角化ではなく、本業を見直す、立て直すことを先行した方が良い。選択と集中。それは本業を見直すためにある言葉だと思う。

多角化がだめだとは言わない。やるタイミングとリスクテイクできるだけの体力があるかどうか、考えながら進めなければならないと思うのである。

« 中小企業こそ、ミッションを持つべきか | トップページ | 中小企業の社長さん、それは、本当にやりたいことですか? »

中小企業診断士」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/60928794

この記事へのトラックバック一覧です: 多角化よりも本業を見直す:

« 中小企業こそ、ミッションを持つべきか | トップページ | 中小企業の社長さん、それは、本当にやりたいことですか? »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ