« IT活用を考えている方々向けの連載をしています | トップページ | 中小企業庁のH26年度補正予算と27年度予算関係 »

2015/01/16

名前の付け方一つで、商品の質が変わる

中小企業にとって新製品開発というのは、投資がかかるし、簡単ではない部分もあります。資源に乏しいのですから、仕方ありません。ならば、少し頭と体を使いましょう。

みなさん、つけ麺は好きですか?
三田製麺所というお店をご存知でしょうか?
私は年に数回かな。ちょっと重いから(^^;;

でも、この三田製麺所で見た(シャレじゃありません)メニューは素晴らしいなあと思いました。そのメニューとは、

「割飯」わりめし

です。ライスではありません。わりめしです。

スープ割、わたは割スープは聞いたことがありますが、割飯?
その軽い衝撃は置いておいて、スープに入れてかき混ぜて食べるのだろうという想像がすぐにつく、この名付けセンス。素晴らしい。

こういう努力と工夫なら、中小企業だってできる。
私も何か、おもしろい名前、考えよう。HIRATAINDERに続く。。。

« IT活用を考えている方々向けの連載をしています | トップページ | 中小企業庁のH26年度補正予算と27年度予算関係 »

販売促進」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/60972777

この記事へのトラックバック一覧です: 名前の付け方一つで、商品の質が変わる:

« IT活用を考えている方々向けの連載をしています | トップページ | 中小企業庁のH26年度補正予算と27年度予算関係 »

最近のトラックバック