« 商工会議所、商工会という団体 | トップページ | 「これはいいね!」と言われて満足してはいけません »

2015/01/27

引用という行為を理解する

少しおもしろいサイトに出会った。おもしろいというか、問題があると思った。結構、有名なブランドのサイトだったので、正直、「こういうところでも著作権に対する意識はこの程度なのか」と思った。自省。

どんなサイトかというと、

「このサイトにある画像は、他のサイトから引用しています」

と堂々と書いてあるのです。つまり、「ぱくってます」と堂々と書いている訳ですw

引用とは、著作権法の32条で認められた合法的行為ですが、文化庁がそのガイドラインを定めているようです。7つの要件があり、その要件を満たせば、引用と認められる(実際には認められやすいだろうということだと解釈します)ようです。

その中で、

「出所の明示」が必要

という項があります。しかし、先のサイトはその画像の引用元、つまり出所が明記されていませんでした。この時点で転載です。

私も何か情報を提供する際に「こういう統計情報があります」とか書きます。でも、その時には出所は明らかにするようにしています(していないところがあったら、違法なので直したいです。ご指摘下さい)。

中小企業だから許されるというものでもないですし、逆に大企業だから糾弾されるということでもないですが、上場している会社がこうした法務的問題を持ったサイトを堂々と運用し続けている-それもネットを使った事業で生きている企業なのに-ことに少し衝撃を受けました。

他山の石として気をつけます。

« 商工会議所、商工会という団体 | トップページ | 「これはいいね!」と言われて満足してはいけません »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/61016941

この記事へのトラックバック一覧です: 引用という行為を理解する:

« 商工会議所、商工会という団体 | トップページ | 「これはいいね!」と言われて満足してはいけません »

最近のトラックバック