« ものがあふれている状況と最小限の状況 | トップページ | 無事、更新されました »

2014/04/13

町の書店がAmazonに勝つ方法はあるか

ちょっと難しい命題です。
でも、Amazonが米国で出した特許を考えてみると、なんだかヒントがあるような気がします。

Amazonが米国で出した特許というのは、どうも

「お客さんが発注を出す前に、お客さんに本を届けてしまう」

というもののようです(人づてに聞いた)。どういう特許でしょう。

つまり、顧客の過去の発注履歴などを参考にして、「このお客さんはきっとこの新刊を買うんじゃないか」という予想をして届けてしまおうということのようです。
過去、ずっとあるマンガの単行本を買い続けている顧客には、次の新刊も届けてしまうということですね。

物流拠点が多くなれば多くなるほど、実際には遠くから送られてくる本があったりするのかもしれません。
それを考えた時、そういう顧客がいるとわかっている時にはあらかじめ、その顧客に近い物流拠点にその本を在庫しておけば良いという考えでしょう。

で、何がヒントか。

町の書店は顧客の顔が見えていないですか?
もし見えているなら、Amazonと同じことができるでしょ?
顔が見えている分、Amazonよりも顧客に近いんだし、同じ本なら顔が見えているところから買うのが良いと思うけど、お客さんだって。

ただし、このモデルには条件がありますね。
本屋さん自身がちゃんとお客さんの顔を見ていて、見えていること。
ただ本を売っているという本屋さんは難しい。

このお客さんにはこの本が売れるはずだという意識を持っている本屋さんだけができる芸当。
うちの近くの本屋さん、どうかなぁ。

« ものがあふれている状況と最小限の状況 | トップページ | 無事、更新されました »

中小企業診断士」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/59464292

この記事へのトラックバック一覧です: 町の書店がAmazonに勝つ方法はあるか:

« ものがあふれている状況と最小限の状況 | トップページ | 無事、更新されました »

最近のトラックバック