« | トップページ | 自分の部門の存在意義をその部門に聞いて意味があるのか? »

2014/03/08

消費税 増税後の価格設定の理想論

消費税の増税が、もうすぐに迫ってきました。駆け込み需要を狙ったセールやキャンペーンが町中で展開されています。というのは、言い過ぎかな。商工会議所などでは、消費税増税後の対応などについて沢山のセミナーが開かれています。

小売店などが一番気にするのは、価格表示ですね。というか、価格設定ですね。一部、大手では増税後も税込価格を変えないっていう話もあるようです。3%分はどこから捻出するのでしょうか。シンプルにコストカット、業務改善の成果なのでしょうか?

理想論を言えば、純粋に3%上げればいいわけです。3%上げたら、売れなくなるというなら、それは元々、そのくらいの価値しかなかったということです。だから、商品に自信があるなら、3%上げればいいと思いませんか?

理想論ですね。

あなたの商品はどうしますか?転嫁しますか?
業種業態によって、いろいろな事情もありますが、理想論にできるだけ近づけるか、コスト面での企業努力をするか。解は一つではないですね。でも、仕入先に押し付けるのは良くないと思いますよ。

« | トップページ | 自分の部門の存在意義をその部門に聞いて意味があるのか? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/59253413

この記事へのトラックバック一覧です: 消費税 増税後の価格設定の理想論:

« | トップページ | 自分の部門の存在意義をその部門に聞いて意味があるのか? »

最近のトラックバック