« 利益とキャッシュの違いを理解するのは、始めは難しい | トップページ | エンドユーザーに工場を見せるという行為 »

2014/02/03

ビットコインの普及団体 役員が逮捕されたようです

ロイターの記事によると、ビットコインの普及団体の役員が逮捕されたようです。まだ容疑者ですから、有罪と決まったわけではありませんが、ビットコインの普及に影を落とすのではないでしょうか。

容疑はビットコインそのものに対するものではないようで、ビットコインを悪用して「マネーロンダリング」に関与したことが逮捕容疑のようです。

私の偏見ですが、ビットコイン、ちょっと怪しい感じがして遠ざけていました。私のような人間は、完全に理解できないものや保証がないものには近づかないわけですが、ビットコインはまさにその種のものでした。

で、こういう逮捕案件が出てきたりすると、「そら見たことか」と思ってしまうわけです。元々結果がわかっていたかのように。。。実際には、怖いから近づかなかった、近づかなくて良かったと思っているわけですがw

ロイターの記事にあるように、今後、ビットコインが通常の銀行のような規制を受けるのであれば、少し安心できる方向に行くかもしれません。規制当局との対立はしないと表明していることもあるので、今後が注目されます。

ただ、中央銀行の影響を受けない、自由である、というところが今後、保証されるのかどうかがわからないことと、理論は本当にそもそも検証されて、問題がないのかどうかというところにももっと切り込んでもらって、明らかにして欲しいと個人的には思います。なにせ、難しすぎてわかりませんので。

« 利益とキャッシュの違いを理解するのは、始めは難しい | トップページ | エンドユーザーに工場を見せるという行為 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/59063259

この記事へのトラックバック一覧です: ビットコインの普及団体 役員が逮捕されたようです:

« 利益とキャッシュの違いを理解するのは、始めは難しい | トップページ | エンドユーザーに工場を見せるという行為 »

最近のトラックバック