« 品質基準を作ることは要求を再定義すること | トップページ | まだ、統計は取っていませんが、感覚的な数値 »

2014/01/22

労働者派遣法の改正でIT業界はどんな影響を受けるか

IT関連の企業では、「特定労働者派遣」という制度を使って、技術者を派遣しています。
しかし、これが改正される可能性が出てきているとの雑誌記事を見ました。
結構、大きな影響が出そうです。

なにせ、その改正によってこれまで「届出制」だったものが「許認可制」に変わるということですからね。
簡単に事業を開始できたものが、今後はできなくなる。

今、特定労働者派遣制度を使っているIT企業は事業の見直しを余儀なくされる可能性があります。
対応を誤ったり、対応が遅れたりすると一時問題になった「偽装請負」のような状態に後戻りです。

この情報はウォッチしながら、対応を練る必要がありそうです。

« 品質基準を作ることは要求を再定義すること | トップページ | まだ、統計は取っていませんが、感覚的な数値 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/58986657

この記事へのトラックバック一覧です: 労働者派遣法の改正でIT業界はどんな影響を受けるか:

« 品質基準を作ることは要求を再定義すること | トップページ | まだ、統計は取っていませんが、感覚的な数値 »

最近のトラックバック