« 三連休はサッカー三昧 | トップページ | 東芝の社長がSNSをする時代、中小企業の社長は? »

2013/12/24

無駄なDMやメールはかえって逆効果

最近はだいぶ来なくなりましたが、無駄なDMってありますね。
たとえば、私のところへ「企業診断します」のようなDMとか、「ピンチならお金貸します」のようなものとか。。。

また、電子メールでも同じようなものが来ますね。
「リボン買いませんか?」とか、「私はこれで○万円儲けました」とか。

こうしたメールやDMはターゲットをきちんと絞った方が良いと思います。
理由は、

1.第一、無駄です。
 相手に関係がないものをアピールしたところで無駄でしょう?コストがかかっている分、無駄です。メールならコストはゼロという人がいますが、メールだって「書く時間」や「作業時間」はコストがかかっていますよ。

2.効果が少ないです。
 おそらく、関係ない人にメールを出しても反応はないですよ。まあ、10万通くらいだして、1つでも2つでも当たればいいやという詐欺的なものなら、私はあずかり知りませんけど。

3.面倒と思われます。
 関係のないメールは面倒と思われますよね。もし、万が一、「リボン」を買わなければならなくなったとしても私はそういう電子メールを送ってきた会社には頼まないです。

メールやDMは「とても難しいですが」、やはりターゲットの絞り込みとタイミングだと思います。

« 三連休はサッカー三昧 | トップページ | 東芝の社長がSNSをする時代、中小企業の社長は? »

中小企業診断士」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/58808292

この記事へのトラックバック一覧です: 無駄なDMやメールはかえって逆効果:

« 三連休はサッカー三昧 | トップページ | 東芝の社長がSNSをする時代、中小企業の社長は? »

最近のトラックバック