« 趣味の文具箱Vol.27 のフルハルターの物語 | トップページ | 衝撃の26連勤 »

2013/10/22

自分の性格をカミングアウトすると、なんとかなる

20日に行われたイベントで、自分の性格をカミングアウトしてみました。
それは、

役割を与えられると話せるが、そうでないと引っ込み思案

というものです。

たとえば、イベントに呼ばれたり、何か役割を与えられて、「こういうことを話してください」と言われると、ある程度準備もできるし、心を整えて話せるので、大丈夫なのです。

しかし、手帳販売において、小売店さんに「いつもスライド手帳を販売していただいてありがとうございます」とか、「いつもお世話になっています」とかいう言葉で、知らない販売員の方などに話しかけることができないのです。

営業として最悪ですが、ダメなんです。

でも、この話を20日に行われたイベントでカミングアウトしてみたら、翌日の営業というか、そういうところで「頑張ってみよう!」という気持ちになって、できてしまったのです。

相手に拒否されることをイメージしてしまうからできないのだと思うのですが、これからはそれを覚悟で少し頑張ってみます。

« 趣味の文具箱Vol.27 のフルハルターの物語 | トップページ | 衝撃の26連勤 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/58429121

この記事へのトラックバック一覧です: 自分の性格をカミングアウトすると、なんとかなる:

« 趣味の文具箱Vol.27 のフルハルターの物語 | トップページ | 衝撃の26連勤 »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ