« 情報の行き違い | トップページ | 東京オリンピックの話 »

2013/09/07

日本政策金融公庫の劣後ローン

日本政策金融公庫の劣後ローンの融資制度の話を聞いた。
劣後ローンは、融資を普段からやっている人なら知っていて当然の知識だ。
劣後ローンは資本性があるから、すぐに収益が上がらないベンチャーなどのリスクマネーとして使いやすい。実際には、企業の再建の時に使われることが多いと思うが、ベンチャーにも合うと思う。

ただ、本来的には民間が民間を支援するリスクマネーが基本のような気がする。政策公庫は税金で運用されているのだから、返済が危ぶまれるリスクマネーには向かない面もあると思うから。議論の余地は十分にある。産業を新たに育てるためにはそうしたリスクマネーが必要なことも否定できないから。

ベンチャーには、そういう制度もあることを知って欲しいとは思う。

« 情報の行き違い | トップページ | 東京オリンピックの話 »

中小企業診断士」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/58139797

この記事へのトラックバック一覧です: 日本政策金融公庫の劣後ローン:

« 情報の行き違い | トップページ | 東京オリンピックの話 »

最近のトラックバック