« PHSを機種変更してみました | トップページ | 糸かがりのノート作りを習ってきました。 »

2013/05/02

中小企業経営者のいらいらが少しわかった

事業性の資金を調達する方法としては最も身近な間接金融。
金融機関側の都合が前面に出てきます。
金融機関側としては、大切な預金者から預かっているお金を事業者に貸すわけですから、安易なことはできない。
だから、手続きが面倒になります。
それは理解できる。

しかし、その手続きがきちんとマニュアル化されていないような感じがするのは、当方だけでしょうか。

繰り返しですが、金融機関側としては、大切な預金者から預かっているお金を事業者に貸すわけですから、安易なことはできない。
だからこそ、どの担当者がやっても同じ、または近いことができなければならないはず。
現実はほど遠いですね。

« PHSを機種変更してみました | トップページ | 糸かがりのノート作りを習ってきました。 »

中小企業診断士」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/57284486

この記事へのトラックバック一覧です: 中小企業経営者のいらいらが少しわかった:

« PHSを機種変更してみました | トップページ | 糸かがりのノート作りを習ってきました。 »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ