« 新人さんの悩みの一つは時間管理 | トップページ | 書籍を少し整理しました »

2013/04/06

企業が継続するということ

先日、ある中小企業の代表者が亡くなった話を聞いた。
中小企業の場合、代表者が亡くなるというのは会社存続のピンチそのものである。
親族が引き継ぐ場合が多いだろうが、今回の場合、ご子息がまだ高校生で、引き継げない。

一方で、その企業を利用している消費者からは「絶対存続して欲しい」という要求が強い。
必要とされている企業なのである。
消費者からすれば、他の企業にスイッチできなくはないのだが、そのスイッチングコストが高い業種なのだ。

企業としては、とりあえず、株主が現れてつながってはいるが、悩みは尽きない。
代表者がなにも残していないからだ。
取引先との関係もわからないし、事務所の賃貸契約書さえ、存在がわからない。

こうしたことは、自分にも起こりうる。
エンディングノートはそういうときに威力を発揮するのかもしれない。

« 新人さんの悩みの一つは時間管理 | トップページ | 書籍を少し整理しました »

中小企業診断士」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/57114241

この記事へのトラックバック一覧です: 企業が継続するということ:

« 新人さんの悩みの一つは時間管理 | トップページ | 書籍を少し整理しました »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ