« 百聞は一見にしかず、に命をかける | トップページ | 交渉という行為 »

2013/02/05

悪い情報ほど早く共有する

自社にとって、悪い情報ほど早く共有するのが大事だと思う。それを隠しておくと判断がどんどん先延ばしされるから。

隠したい気持ちもわかるけど、共有するメリットも理解したい。でも、それを共有した時の反応が阻む。

悪い情報が上がってきた時、なにやってんだ!と言われると、次は共有したくなくなる。実は隠す原因はそこにある。

共有した時、褒められることが大事なのだ。褒められ、それへの対応を迅速に行い、影響が最小限になった時、悪い情報の共有に意味が出る。これを経験した企業は悪い情報ほど早く上に上がってくると思う。

さあ、悪い情報ほど早く共有しよう!

« 百聞は一見にしかず、に命をかける | トップページ | 交渉という行為 »

中小企業診断士」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/56701473

この記事へのトラックバック一覧です: 悪い情報ほど早く共有する:

« 百聞は一見にしかず、に命をかける | トップページ | 交渉という行為 »

最近のトラックバック